2014/03/04

学生ボランティアさんの活躍

こんにちは。

先週末(28日、1日、2日)は2名の学生ボランティアさんが来てくれました。

1名は石巻専修大学(佐々木譲君)からでもう1名は東京から(長谷川梨奈さん)。2人とも大学1年生です。

2人とも食品パッケージの作成やピックアップ対応、配送、食糧支援周知活動、事務補助など色々と積極的に関わっていただきました。

佐々木君は1月の特別講義で受講していた食環境学科の学生さんで、講義を受けた事がきっかけで、ボランティアに申し込んでくれました。やはり食品ロスについて興味があり、それら食品を有効に使うフードバンク活動に少しでも関わりたいということで来てくれました。春休み中は毎週2、3日は来てくれるとのことです。




今回2人とも3日間ボランティア活動に参加していただき大変助かりました。ありがとうございました。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。


2014/02/23

新メンバー末永さんの紹介

 
こんにちは。芝田です。

今日は昨年11月末から来てもらっている新スタッフ末永さんを紹介いたします。

↓こちらが末永さん





↓本人による紹介文です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじめまして。こんにちは!

2013年11月よりセカンドハーベスト・ジャパンの石巻プロジェクトに現地スタッフとして参加させていただいております末永と申します。

ここ石巻は東日本大震災発生から間もなく3年目を迎えようとしております。

私は石巻生まれの石巻育ちの人間で、震災発生の当日も幸運が重なり九死に一生を得、幸運にも生きていられております。

震災で私自身、職場を失い失業し、NGOの活動に参加しておりましたが、震災発生直後から2HJの活動を知り、その活動の重要性を認識しており是非とも活動に参加し将来的には、その活動(フードバンク)をここ石巻で「地元に密着した」地域における支援への応用へと結びつけて行きたいと考えております。

まだまだ被災地では失業、仕事のミスマッチ、2重ローン問題など家計を脅かす問題が山積しております。市民が身体的にも精神的にも健全な生活を送れるように、と芝田と二人で奔走しております。
まだまだ勉強不足ですが、暖かく見守ってくださいませ。


2014/02/16

支援団体交流会に参加してきました。

こんにちは。

2月13日に石巻社会協議会と未来サポート石巻の共同主催の支援団体交流会に参加していきました。

この交流会の目的は、現在石巻で活動しているNPO/NGO団体や地元のボランティア団体がお互いの現在の活動を知ろうという事でした。

今回の参加ではNPO/NGO団体が14団体、地元のボランティア団体が16団体、その他石巻教育委員会や健康推進課の方が参加されていました。







震災以降、多くの団体が石巻に来て支援活動を行ってきましたが、2年11ヶ月経った今ではその数も少なくなり、お互いが現在どのような活動をしているか見えない状況になっていたと思います。

この会に参加したおかげで各団体が認識している課題の共有や今後の活動方針、また地元石巻において長年ボランティア活動をしている方との意見交換ができ、非常に良かったと思います。

今後、このつながりを継続し、必要な支援が必要な方へ届く新たな枠組み作りを行っていきたいと思います。

2014/02/09

石巻91年ぶり38センチ積雪!

こんにちは。


昨日の昼から今朝にかけて雪が降ったおかげで、38センチの積雪になりました。

今朝、事務所に行こうと家を出ようとしたとき、雪が積もりすぎていたのでドアがなかなか開かなかったです。

今日の受け取りは中止にしましたが、終日雪かきに追われました。


事務所前駐車場の今朝の様子

今日はあちらこちらでスリップなどによる事故が多かったと聞いています。

皆様雪道での運転には十分お気をつけください。






2014/02/08

石巻も大雪

こんにちは。

東京も今日は朝から大雪となり交通網が麻痺していると思いますが、

こちら石巻でも今日の昼から降り始め、既に10cmは雪が積もった感じです。


今日は午前中のピックアップを対応してから、午後は在宅の方へ配送に行って来ました。

こちらで使用している車両はスタッドレスを履いているので、ある程度の雪道は大丈夫なですが、

スピードを出さず、ゆっくりと走りながら配送に行って来ました。


配達風景


予報では明日の昼ごろまでは雪が降りづくということなので、明日も運転には一層の注意をして運転しようと思います。

皆さんも雪道での運転はスピード出さず、気をつけて運転しましょう。






2014/01/29

石巻専修大学と和渕小学校で食品ロスとフードバンクの講義

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


今年は一生懸命ブログをアップしていきます。(昨年7月からアップできていなくてすみませんでした)。


さて広報の井出と石巻担当の芝田で28日、29日と石巻で食品ロスとフードバンクについて講義を行いました。

1月28日は石巻市立和渕小学校の5年生対象の授業です。



広報井出が食品ロスの理由を子供達に実物を見せながらどうして食品ロスが出てくるのかを説明しました。







ワークシートを一生懸命みながら食品ロスとフードバンクについての仕組みを学んでいました。



今回の授業では子供達に「家で余っている食品を持ってくる」というお題を出して持ってきてもらい、
それぞれなぜ余っているのかをみんなの前で発表してもらいました。
「お父さん、お母さんが同じものをなぜかたくさん買ってきたから」や
「妹が商品についてくるシールが欲しくてたくさん買ってしまったから」などが理由として挙げられていました。

授業の最後には今回もって来てくれた食品をセカンドハーベスト・ジャパンに寄付していただきました!5年生の皆さんありがとうございました!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
児童の感想

「食品ロス発生のしくみとフードバンクの活用について」感想
               石巻市立和渕小学校 5年1組 
                    2014.1.28

○初めてフードバンクという言葉を聞いてびっくりした。世界でこんなことが起こっているとは…。
○5250円のまだ5カ月も食べることができる物を捨てているのが、びっくりした。
○日本の食品ロスが500~800万トンで日本の年間米の収穫量に匹敵すると聞いて、びっくりした。
○ぼくは5200円のようかんをまるまる捨てる人がいるのがびっくりしました。
○自分が今まで捨てていた、まだ食べられる食品を次からはちゃんと捨てたりせずに大切に食べたいと思いました。
○自分は、たまにご飯などを残してしまって、ママが捨てちゃうので、これからは残さず食べて、食べれる物を捨てないようにしようと思います。家に賞味期限が切れているのがいっぱいありました。
○話を聞いてもったいないと思いました。1年間だけでも1788万トンも捨てられていてびっくりしました。自分たちでも考えて食べたりしたいなあと思いました。もし捨てるとしたら、あまり食べられない人たちを助けたいです。
○自分たちが捨ててしまってもったいないと思ったときがあったけど、捨ててしまうものを、食べ物のない人たちに渡しているので、よかったと思ったけれど、それでも捨てられてしまう食べ物もあるので、捨てないように気をつけたいです。
○ぼくは今日この授業を受けてみてびっくりしたことは、日本では1年間に1788万トンも食糧を捨てているということなので、ぼくは食べ物を捨てないようにしたいです。
○私がびっくりしたことは、外国の食べ物を輸入する時、日本に着いたら食べ物のルールがあることは知りませんでした。そして、食べ物はとてもおいしいのに、ルールがあるなんてちょっとひどいと思いました。
○ぼくが初めて分かったことは、まだ食べれるのに消えているのはもったいないと思ったので、食べ物をそまつにしないと思いました。
○今日私は、日本でたくさんの食品が捨てられていることが分かりました。それを聞いて、まだまだ食べられる物もあるのにひどいなあと思いました。また、世界では食べられない人もいるので、私もまだ食べられる物などは捨てないように心がけたいです。
○ぼくがびっくりしたことは、1年間に世界で13億トンも捨てられているということです。なるべく食べ物を捨てないようにしたいです。

○ぼくは今日この勉強をしてみて分かったことがあります。それは、日本が1年間に捨てている量が1788万トンもあるということです。食べられるのに捨ててしまうということは、とてももったいないことだと思うので、これからは食べられる物を捨てたりはしないようにしようと思いました。
○まだ食べられるのに、捨ててしまっている写真を見て、5000円もするようかんで、しかもまだ食べれるのに捨ててしまうのは、もったいないと思いました。これからは、食べられる物は捨てないようにしたいと思いました。
○私は、日本ではたくさんの食べ物が捨てられてしまっていることがすごくびっくりしました。特に、まだ食べられる物も捨てられているのがもったいないと思いました。私は、フードバンクが行われていることは初めて知って、すごく勉強になる1時間でした。
○今日の授業を受けて、食べ物をもっと大切にしようと思いました。そのためには、賞味期限を確認する、要らないものは大量に買わないなどのことをちゃんとできるようになりたいです。
○私は、今回の授業でたくさんのまだ食べられる食べ物を捨てる人がたくさんいることが分かりました。その食べ物をフードバンクに渡せば、日本中のたくさんの人が食べ物に困ることはなく暮らせると知りました。なので、私はフードバンクに少しでも協力できればと思いました。
○私は家で野菜が無駄にならないように野菜の皮などを畑に埋めて肥料として使っています。私が今日初めてフードバンクがどういう意味なのかが分かりました。私は、困っている人を助けてあげられるようにと、そしてお金の無駄にならない程度に協力していきたいです。そして、物を無駄にしないようにしていきたいです。食べられる物を食べたいです。
○私は今日初めて知ったことがあります。それは、ごみの量がとても多いことです。私は前からごみが多いのは分かっていたけど、今日勉強をしてとてつもなくごみが多くてびっくりしました。食べれるのに捨ててしまうのはもったいないと思ったので、まだ食べれる物は食べれるようにしたいです。
○今日この授業をやってみて思ったことは、日本ではいっぱいまだ食べれる食品を捨てている量が多いということにびっくりしました。学校でもぜひフードドライブをしてみたいなと思いました。
○ぼくはまだ5カ月も食べられるようかんがあるのを捨てる人がいるのが初めて知りました。本当にもったいないです。(学校でアメリカみたいなことをやりたい)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



 129日は石巻専修大学食環境学科1年次の科目「食糧問題と資源」で講義を行ってきました。


この講義ではロスが発生する仕組みや原因についての詳細と国の対策や動きなど専門的な話を井出のほうから説明しました。学生達はみな真剣に講義を聴いていて、今後の食環境について考えるための情報を得られたのではないかと思っています。








講義終盤では石巻の活動について芝田が学生に話をしました。

被災された方の中には現在でも生活に困難を伴っていること、そして、その方々を支援する上でフードバンクの仕組みが役に立つ事を理解して頂けたらと思います。


このような機会を与えてくださった和渕小学校の先生方、石巻専修大学の先生方には感謝を申し上げます。どうもありがとうございました。





2013/07/14

文房具のお届け

7月6日にニュースキンジャパン様からの文房具を社会福祉法人 夢みの里が運営するピノッチオ保育園に70セットの文房具をお届けしてきました。


ちょうどお昼寝時間が終わる頃にお届けしたので、一緒に写ってくれる子供達は少なかったのですが、みんな非常に喜んでいました。この文具を使っておもいっきり勉強楽しんでくれますように!